いつ起きても不思議ではない排水管の水漏れ

いつ起きても不思議ではない排水管の水漏れ もし、水が使えなくなったらどうでしょう。とても困ります。料理はもちろんのこと、手や顔を洗うことも、トイレを流すことさえもできません。このように生活と水とは切っても切れない関係にあるのです。
では、水が使えない状況になるのはどういったときでしょう。最も可能性が高いのは、排水管からの水漏れというトラブルです。常日頃、何の不自由もなく水道が使えているのは、この排水管が従来の役割をしっかりと果たしているからなのです。しかし、この排水管も完全ではありません。絶対に壊れることがないというものではないのです。今は、まったく問題のない状態であっても、いつ大きなトラブルを引き起こすか分からない状態と思って、日ごろからメンテナンスを行うことは大切です。

■トイレが使えないのは重大な問題

もし、トイレが使用禁止となったら、いちいち近所の公園やコンビニへトイレを借りに行かなければいけません。一度くらいであれば、それもなんとか耐えられるでしょうが、一日何度もコンビニへ行くわけにもいきません。
トイレが使えなくなる原因としては、排水管 水漏れが考えられます。ただ、トイレの排水管は便器の中に収納されている場合がほとんどですので、目視できる状態にはありません。ある程度、水漏れがひどくなってから分かることが多いので、特に注意したい場所です。
トイレが水漏れを起こしている特徴としては、まずは入ったときの臭いです。汚水のような異臭がすれば、漏れを起こしている恐れがあります。また床が濡れていれば、完全に漏れを起こしていますので、早急に対処してください。

■排水管の水漏れは二次被害のトラブルも
排水管から水が漏れていた場合、すぐに気付けば大きなトラブルになることはありません。屋外の止水栓さえ閉めれば、進行は止まるからです。ただ、留守中や寝ているときに起こると、気付いた時にはかなりひどい状態になっていることがあります。
この水漏れの恐ろしいところは、二次的な被害が出るところにあります。例えば、家具が濡れてしまえば、中の衣類が駄目になることになりますし、電化製品であれば、感電や漏電を引き起こす可能性もあります。また、建物自体もカビが生えたり、シロアリがやってきたりする恐れも充分に考えられますし、集合住宅の場合は階下へ水が漏れていくこともあります。

■自分で修理しても定期的な点検は必要

排水管 水漏れはいつ起こるか分からない厄介なものです。そのため、できれば修理業者による定期的な点検を受けることをおすすめします。もちろん、工事や修理も応じてくれますので、水漏れの程度がひどければ依頼するといいでしょう。
水漏れの原因としては、部品の劣化が多く、これはホームセンターなどでその部品を買ってきて交換すれば大体は事足りるものです。また、ナットの緩みが原因となっていることもありますので、こちらは締め直すことで改善することができます。
原因が単純なものであれば、自分で修理できる程度の簡単なものですが、それ以外の大掛かりで複雑なものであれば、やはり修理業者による修理や工事が必要です。常日頃から、そういった修理業者の情報を収集しておくと、いざという時に慌てなくてすみます。

■まとめ
排水管から水が漏れる原因としては、排水管自体の劣化、あるいはその部品の劣化があり、それを交換することで対処できます。ただ、場所によっては難しいものもあります。また、劣化は一箇所だけでなく、色々な場所で同時に進行していることもあるので、一箇所を直してもまたさらに違う箇所から水が漏れてくることも考えられます。
水漏れは日常生活に大きな影響を及ぼすものです。普段から自分で点検をしたり、業者に依頼するなどして被害を最小限度に抑える努力をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース