排水管の水漏れはまずは原因を探ることから

実際、どこの家でも水回りのトラブルはいつ起きてもおかしくありません。新築の家であれば、あまり心配はありませんが、10年ほど経ってくるとやはり排水管も劣化し、また何らかの原因によって、いつ水漏れを起こすか分かりません。

■水漏れの原因によっては水道 修理

排水管は特に漏れを起こしやすい箇所です。また、場所も隠れたところに収納されているので、トラブルが分かりにくく、大きなトラブルになるケースも多いです。
この水漏れですが原因としては、やはり排水管そのものの劣化、あるいは部品の劣化が考えられます。
また、特にトイレや浴室では、つまりによる水漏れが多発する場所でもあります。この場合の原因は大量のトイレットペーパーや髪の毛によるものです。このように、排水管の水漏れは原因が分かりやすいものが多いです。

■応急処置後に修理業者に

排水管からの水漏れに気付いたら、早急な処置が必要です。放っておけば建物が湿気を帯び、カビの素となったり、家具が傷んだり、またアパートやマンションでは階下への影響も大いに考えられます。
まずやらなければいけないことは、屋外の止水栓を閉めることです。これによって、家の中への給水が止まりますので、ひとまずは水漏れを止めることができます。その後、原因箇所を探り、状況に応じて修理業者へ依頼することになります。

■まとめ
水の漏れを確認したら、まずは給水を止めることが肝心です。その後、原因箇所を探り、もし自分で水道 修理できそうであれば、部品の取り換えや交換をすればいいですし、難しそうであれば、修理業者に任せるのがいいでしょう。どちらにせよ、修理業者による定期的な点検は必要ということです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ