排水管よりは簡単にできる蛇口の水漏れ対処法

台所や洗面所、お風呂やトイレのことを水回りと呼びます。これはどの家庭にもある場所で、生活の基本となる場所でもあります。この基本となる水回りですが、普段は何の支障もなく使えていますが、いつ何時大きなトラブルが引き起こるか分かりません。

■水回りのトラブル

こういった水回りのトラブルで多いのが水漏れです。その水漏れの原因箇所として排水管などがありますが、最も多いのが蛇口からの水漏れでしょう。水道を締めていてもポタポタと水が垂れてくる場合や、蛇口の根元の部分から水がにじみ出てくるなど、蛇口は色々な部分から水漏れするものです。
こういった場合、水漏れを確認した時点で、すぐに何らかの対処をする必要があり、そのままにしておくと後々もっと大きなトラブルへと発展する可能性があります。

■蛇口の水漏れ対処法

では、水漏れを起こした蛇口はどうすればいいのでしょうか。あくまでも蛇口 交換は最終的なもので、比較的軽い水漏れの場合は、自分で直すことができます。
まずは水道の元である止水栓を閉めます。原因としては、部品の劣化が考えられますので、蛇口を取り外し、中の部品を確認してください。部品はホームセンターなどで売られています。また、部品を変えても漏れが続く場合は、業者に見てもらいましょう。

■まとめ
排水管と違い、蛇口からの水漏れは発見しやすいので、すぐに対処できるでしょう。部品の交換により漏れが止まることが多いので、比較的簡単にできる箇所とも言えます。ただ、最近の蛇口は複雑な構造のものもあり、素人が手を出せないケースもあります。難しそうな場合は、やはりプロの業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ