トイレの排水管の水漏れは要注意

水回りの中で、トラブルが起こると最も困る場所と言えば、やはりトイレでしょう。他の場所は、しばらくの間であれば我慢できるものですが、トイレだけは我慢できません。このトイレの水漏れは気付きにくいという難点がありますので、トラブルが大きくなりがちです。

■トイレの水漏れはどこから

トイレのトラブルは意外と気付かないもので、最終的には水道 修理という大掛かりな工事となってしまいます。そうならないためにも、早期発見が重要となるのです。トイレに入ったとき、異臭や異音がしたり、床が湿っていたりすれば、どこからか漏れが発生している可能性があります。
漏れが多い部分としては排水管や給水管、便器本体などがあり、異変を感じたらすぐにその漏れの箇所を探してください。

■意外と簡単にできる水漏れ対策

トイレの水漏れは給水管などの水を通す管からのものがほとんどです。この場合、ナットの緩みやパッキンの劣化が漏れの原因の場合が多いです。ナットを締め直したり、パッキンを交換することで、漏れは止まります。
作業としては、止水栓を閉め、継ぎ目の部分を取り外し、中を確認してください。一箇所だけから水漏れしていても、部品の劣化は他の場所も同じように進んでいるはずですので、できればプロの修理業者に点検してもらいましょう。

■まとめ
このようにトイレの水漏れは自分で直せるような比較的簡単なものが多いのですが、便器本体に隠れている排水管などは、便器を取り外さなければいけません。こういった場合は、迷わず修理業者に依頼し、早急に直してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ